白内障の知識

白内障とは

白内障は水晶体が白く濁り、視力が低下していく病気です

白内障とは、目の中にある水晶体という器官が、年齢とともに白く濁ることによって視力が低下する病気です。
この水晶体という器官は、外からの光を集約して、網膜に焦点を合わせる(ピントを合わせる)働きをしています。
水晶体は水とたんぱく質でできていますので、そのたんぱく質が加齢などの要因でだんだんと変化し白く濁ります。
その結果として、水晶体全体が白く濁り、視力の低下を招くと言われています。

白内障は決して特別な病気ではなく、加齢とともにその割合はかなり高くなります。
「水晶体の濁り」は加齢とともにあり、手術が必要な白内障になる方は、一定割合いらっしゃると思っていただければ良いと思います。

  • 正常な眼
  • 白内障の眼
  • こんな症状が出たら白内障かも?物や字が2重3重に見える、視界がかすんで見える、光がまぶしい、視力が低下する

  • メールお問い合わせ
  • 白内障資料請求