当院のご案内

眼科定期健診・ドック

当院では、目の定期健診をおすすめしております。
白内障は40歳以下の方でも発症し、80歳をすぎるとほぼ全員の方に見られる症状となります。特にアトピーや糖尿病、強度近視の方は白内障が早く現われます。
放置しておくことでリスクも高まりますので、定期的な受診で早期発見に取り組みましょう。

自覚症状だけで判断しては危険!!

まだ見えているから大丈夫、生活に不自由ないから手術はまだ早いとお考えの方には手術時期を遅らせすぎて良い手術結果を得られない方があります。通常白内障はゆっくり進行するため自覚症状で判断すると間違いが起きやすく眼科検査で確認することを強くお勧めします。白内障手術は術前に比べて視機能が向上する健康増進手術と言えます。良い視機能の時期を長く保つには適切な時期に手術されることをお勧めします。
また、白内障を放置することで、緑内障を誘発することがあります。
緑内障は、眼圧の異常などによって視神経が圧迫されて視野が狭くなり、放置すると最悪の場合、失明してしまう病気です。ゆっくり進行する慢性のもの、突然起こる急性のものがあります。
緑内障の方でも、白内障の手術は可能です。しかし、白内障があまり進行してしまうと手術のリスクが高まるため、できるだけ早く手術をおこなう必要があります。
白内障手術をおこなうと、大きくなった水晶体の変わりに、薄い眼内レンズが装着され、緑内障の発作リスクも軽減することにつながります。
白内障と緑内障は別の病気ですが、白内障の手術が緑内障の発作リスクを抑えるメリットもあります。

  • メールお問い合わせ
  • 白内障資料請求